nuro光のプロバイダー

NURO光のプロバイダーについて

NURO光は国内では最速の通信速度を誇る、光ファイバーサービスです。

 

最速2GBもの速度で通信を行えますので、ハイビジョン映像の視聴や重いファイルなどのダウンロードも非常に快適に行うことが可能になります。

 

NURO光は、他の光通信とは違い、プロバイダー、高速無線LAN、セキュリティサービスを全て一括で管理することにより、月額4,743円(税別)とゆう、他社を利用するよりも非常に格安な料金で利用することが出来るようになっています。

 

通常インターネットを利用する場合には、回線の契約とは別にプロバイダーの契約が必要になってきます。プロバイダーとゆうのは、インターネットの世界への入り口になるため、必ずどこかのプロバイダーと呼ばれる会社の契約が必要になります。

 

NURO光のプロバイダーのメリット

 

初めてインターネットを利用する人にとっては、それらの契約が非常に面倒ですし、どこを利用していいのかも分からない場合が多いため、良くわからないまま契約してしまうケースも多いようです。
しかもプロバイダーと回線は全く別物なので、何かトラブルがあった場合に、両方へ連絡しなければいけなくなるといったことも起きてしまう場合があります。

 

NURO光の場合には、回線もプロバイダーもso-netが一括で管理しているため、契約自体も簡単ですし、何か通信で不具合があった場合にも、迅速に対応してもらえるとゆうメリットがあります。

 

使い方が分からない場合や接続方法で悩んだ場合にも、回線とプロバイダーが同じ会社なので別々の回線とプロバイダーを利用している場合よりも解決までの時間が短くて済むでしょう。

 

これが別々のプロバイダーの場合、たらい回しにされてしまう事が多々あります。

 

しかも450Mbpsの速度が出る無線LAN機能を搭載したホームゲートウェイを利用することが出来るため、別途無線LANの機械を購入する必要もありません。最近は無線で繋ぐ機器が増えて来ていますし、スマホなどを無線で接続して利用した場合にも、快適な通信で利用することが出来ます。

 

他社でも無線LAN付のホームゲートウェイは利用できますが、ほとんどが300Mbpsの速度までになっている場合が多いですから、無線を利用する場合でもNURO光のほうが高速で通信できます。

 

NURO光はネット利用のほかに光でんわを利用することも出来、BBフォンやケーブルラインなどと無料で通話も出来るようになっていますから、そういった点でも利便性が高くメリットも大きいのではないでしょうか。

 

NURO光のプロバイダーのデメリット

 

もちろんNURO光にはメリットだけではなくデメリットも存在します。

 

まず、今まで他のプロバイダーを利用していた場合のメールアドレスなどは一切利用することが出来なくなります。これはNURO光が全てを一括管理することで価格を大幅に引き下げているため、他のプロバイダーの利用は一切できなくなっています。

 

どうしても他のプロバイダーで利用していたメールアドレスを利用したい場合には、メール契約だけを残して契約を継続させる方法もありますが、それではNURO光でせっかく安くなった利用料金の意味が無くなってしまいますから、あまりお勧めは出来ない方法です。

 

それと、NURO光を利用できるエリアにも大きなデメリットがあります。NURO光を現在利用できるエリアは、関東圏のみとなっています。

 

関東でも東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県での展開ですし、東京に住んでいてもマンションや高層ビルに住んでいる場合には利用することが出来ません。

 

現在利用できるのは戸建て住宅と集合住宅でも2階建てまでの建物に限定されています。

 

これから先には利用できる家屋も増えてくるとは思いますが、今現在の時点では、それ以外の場所、建物での利用が出来ないのが現状です。

 

このように、メリットもデメリットも色々ありますが、利用できるエリアにお住まいの方にはお勧めの光回線ではないかと思います。